2017年4月9日日曜日

江別のクラフトマンに旭川産シラカンバを届けて来ました


なかむらです。
清水くんのあとを引き継いでがんばっていこうと思います。
みなさんどうぞよろしくお願いします。


先日、江別市の「SAPPOROCRAFT」福永浩太さんの工房へ旭川で伐り出した白樺材を届けてきました。

福永さんは白樺材の特徴的な樹皮を利用し、ワインクーラーや片口を製作しているクラフトマンです。
国内はもとより海外でもすごく人気なのだそうです。






福永さんへの白樺材の提供は数年前から始まり、最近は福永さん自身が伐る木を選び、伐採・搬出も手伝ってくれます。

    


木の水分が少なく、樹皮が最もはがれにくい厳冬期に伐り出し作業を行います。
できるだけキレイな樹皮の直径20〜30センチのものを選びます。




伐り倒したシラカンバを50m以上引いて来ます。
ポータブルウインチがないと人力のみでは到底不可能です。



 一気に6本倒して引いたため、へばっている様子。
「やっと終わったー!」と叫んでいます。



今年は工房見学のため、運搬を兼ねて「もりねっと」のトラックで伺いました。
tトラックいっぱいに積み込んで、直径6〜7センチのものも運びます。




江別まで3時間のドライブに出発。




住宅街の一角にあるSAPPOROCRAFT福永さん自宅兼工房に到着。
庭先にクレーンで降ろします。




 くり抜かれ乾燥中のシラカンバたち。
ちなみに白樺材の中では別の材料を乾燥中。スペースの有効活用ですね。




工房内には様々な工作機械が並べられています。 





 空気の吸引力で材料を固定し回転させる旋盤。




 片口になる過程のシラカンバたち。




左奥から片口、ぐい呑、小鉢、ワインクーラー。
白樺材の特徴的な樹皮からのグラデーションが美しい。





右側が福永さん。急な訪問でしたが快く迎えていただきました。


 シラカンバは道内のいたるところに自生していますが、建材や家具材としては腐りやすくもろいため、薪材として利用する以外あまり使い道がない木です。でも、福永さんのようなクラフトマンの手により新たな命を与えられ、森の恵みを有効に活用してもらえる。こんな使われ方がもっと広がるといいですね。

SAPPOROCRAFTさんのホームページはこちら。


2017年3月31日金曜日

退職

しみずです。

僕のもりねっとブログの書き込みはこれで、最後になります。
まだ手続き等の関係が終わっていないので、正確ではありませんが、
今日を持ちまして退職することになりました。

今まで、たくさんの人たちに応援していただきました。
ありがとうございました。
そして、様々な職種の人たちと出会い、ご指導いただきました。
ありがとうございました。

もりねっとは、学生の頃からアルバイトで活動に参加し、職員となって7年と区切りが悪いのですが決断しました。
ただ、突哨山とは形を変えて、これから先も付き合っていきます。
また、突哨山でお会い出来ればと思います。

中村さん、突哨山の管理、たのんます!
これからも、もりねっと北海道を宜しくお願い致します。

2010年の時にあった、
もりねっとの看板

2017年2月17日金曜日

チェンソー研修会を実施しました

 2月4・5日に有志によるチェンソー研修会を旭川市東鷹栖で実施しました。
当日は道内各地から北欧式伐倒やウインチによる木材搬出を学ぼうと6名の方がいらっしゃいました。林業ボランティアに参加されている方、環境系の仕事を目指している方、社有林の管理を任されている方、中には林業のプロフェッショナルの方もいました。


森の将来を想定し間伐木の選定方法を学ぶ

 今回はチェンソーにほとんどさわったことがない方もいたので、チェンソーの持ち方や刃の当て方、スロットルの使い方などを勉強しました。プロの方には混み合った広葉樹林で倒す方向を微妙にコントロールする伐倒方法を見せてもらいましたが、さすがに動きに無駄がなく、安全かつ正確に作業をしていました。
 
 なかには左利きの方がいて、大変苦労されていました。チェンソーは左手が保持、右手がスロットル操作と決められており、右利きの人が使いやすくできています。どのメーカーでも左利き用のチェンソーは作られておらず、左利きの人は慣れるしかないのです。でも、しばらく練習するうちにかなり安定して操作ができるようになりました。

 初日の夜には我がもりねっと宿泊研修所にて、皆で鍋を囲み(今回は鶏肉醤油味)大いに語り合いました。その中で、「プロの林業マンがなぜこの研修会に参加したのか」との誰かの問いに、「自分の中に何か思いがあるからかな」と彼は答えました。その後深くは語りませんでしたが、もしかしたら今の林業が抱える問題を示唆していたのかと考えさせられました。

 二日目はチルホール(手動ウインチ)やPCウインチ(ポータブルエンジン式ウインチ)を使用した伐倒、掛かり木処理、搬出の研修をしました。

 ちょっとした道具があると、人力ではできないことが可能になります。こうした機材の性能や使い方を検証して広めるのも「もりねっと」の役割です。


PCウインチで木材を搬出する


 今回参加された方々は皆さんそれぞれに色々な形で森林に関わっています。今回の研修を通し、何はともあれ、まずは安全に作業を行っていただきたいです。そして皆で力を合わせ森の未来を守っていければと思います。


参加された皆さんと「もりねっと宿泊研修所」にて


 私たち「NPO法人もりねっと北海道」では森づくりや森林・林業に関するお問い合わせにできる限りお答えし、関連情報をご案内しております。私たちの活動やサービス内容へのご質問もお受けしております。
 また「森のサポーター会員」(もりねっと賛助会員)も随時募集しておりますのでご質問・ご入会の方はこちらよりお願いいたします。

中村



2017年2月10日金曜日

フォレスター基礎研修 in 旭川 Feb 2017

 1月30日から2月3日までの5日間、フォレスター基礎研修を行いました。今回の研修は「森の恵みを生かす森林管理と人材育成」をテーマとした長期計画の第一段階として行われました。

 この長期計画の目標は森林とそこに生息する野生動物をトータルにとらえ、人間社会との関わりを考えながら、持続的な資源管理と活用の構想を描き、実行できる人材を育成することです。

求められる分野は3つ。
森林管理の実務や設計・提案を行うフォレスター(F)
森林動物の調査と保護管理を担うワイルドライフマネージャー(W)
森の楽しみや恵みを伝えるフォレストガイド(G)
この3つの要素を兼ね備え、現場実務とともに社会的コミュニケーションや
プレゼンテーション能力を重視します。



 
 今回は5名の方が参加しました。チェンソー取り扱いの基礎や複数の玉切り方法を練習し、広葉樹や針葉樹それぞれの伐倒練習も行いました。

 傾いている木、枝が張り出している木、混み合った場所にある木など、1本1本特徴の違う木を狙った方向に正確に倒す技術を学びました。

 チェンソー作業に慣れていないなかで正確さが求められるので、みなさん苦労されていましたが、うまく狙った場所にドーンと倒れると「オーッ」と歓声が起こりました。

 また、木を倒した後、複雑な力がかかって跳ねやすい枝を安全に切り落とす「枝払い」の技術も学びました。





 チルホール(手動ウインチ)を使用した掛かり木処理やPCウインチでの搬出など、重機を使用せず森林環境にできるだけ負荷がかからない施業方法を学びました。



 

 森林の現状を知るために20メートル四方の標準地を設定し標準地内の毎木調査を行い、間伐のための選木などを行いました。

 またフィールドを歩きながら森の歴史的経過を読み取り、森の将来を考えたり、動物痕跡の追跡調査などを行いました。

初日の夜にはみんなで鍋を囲みながら森の現状と森づくりの考え方の講義を受け、その後は皆それぞれに様々なことを語らいました。

     次回は彼らの活動フィールドで調査を行う予定です。




 今後、彼らが森の未来を担ってくれることを願っています。

中村