2020年2月28日金曜日

突哨山間伐体験2019「森を元気にするお手伝い」


10月27日(日)、突哨山で秋の間伐体験を実施しました。突哨山の中にある長い間手入れがされていないトドマツの人工林で森を元気にするお手伝いをしていただきました。


手入れを行うトドマツ人工林まで、森の話や木の話を聞きながら歩きます。突哨山は過去に多くの地権者がいて、様々な使われ方をしてきた背景があり、場所によって様子が異なります。この日は広葉樹林エリアの紅葉がとてもきれいでした。


今回手入れを行う人工林エリアでは、この人工林の特徴や間伐の効果などの説明をし、参加者それぞれに間伐の考え方に基づいて、伐る木を選んでもらいました。
 伐る木が決まったら、のこぎりで伐って行きます。倒す方向を考えながら慎重にノコギリを入れます。15センチほどのトドマツですが、ノコギリで切るのは大変です。疲れたら交代しながら切り進めます。何度か交代しながらしばらく切り進めると、木はバランスを崩しドーンと大きな音を立てて倒れました。
木が倒れると、今までその木があった場所に空間ができて太陽の光が地面に差し込みます。残された木は成長できるスペースを確保し、地面に散らばっている様々な植物の種は芽吹き始めるのです。そして、まだ見ぬ将来の森の姿を想像しながら人工林を後にしました。

下山後はカタクリ広場で焚き火をしました。この日の最低気温は1.8℃。深まる秋の寒さに焚き火の暖かさがありがたく感じます。


みんなでマシュマロや焼き芋を焼いて食べました。やっぱり美味しいものを食べると元気になりますね。それは大人も子供も一緒です。



今回参加いただいた皆様ありがとうございました。突哨山ではこれからも森の手入れや遊歩道の整備など、市民の皆さんにお手伝いをしていただきながら、山を守り、みんなが憩える楽しい場所にしていきたいと思っていますのでご協力よろしくお願いいたします。

(中村)

2020年1月30日木曜日

突哨山現地検討会を実施


  10月24日()に突哨山運営協議会の方々と現地検討会を行いました。
この日はとても天気が良く、紅葉がとてもきれいで楽しいハイキングにもなりました。

 最初に向かったのは、10月5日にヒグマの足跡が見つかった刑務所官舎駐車場横の雑木林です。足跡はこの雑木林から駐車場を横断する形でついていました。足跡が発見されてからすぐに雑木林にトレイルカメラを設置しましたが、その後、カメラにはヒグマの姿はなく、目撃情報もありませんでした。



 次にカタクリ広場から登り、扇の沢分岐から北方向に向かいました。扇の沢分岐と北分岐のちょうど中間あたりに位置する「D」地点に切り株を利用したベンチが設置してあります。この切り株に動物の食痕らしきものを発見しました。ヒグマの可能性もありましたが、痕跡の大きさなどからキツネやタヌキの可能性が高いと判断しました。


 また、近くにフンのかたまりを発見しましたが、こちらはタヌキのもののようでした。



 
 その後、扇の沢分岐へ戻り、頂上周りのルートを確認しました。これまで頂上へのルートは1本の道しかなかったのですが、今年からもう一本、頂上をまわってカタクリルートへ抜けられる道を新設しました。新設したルートは笹を刈っただけの簡単な道だったので分かりにくいという意見があり、枝を置いて道が分かるようにしました。



頂上からは南分岐を通り、突哨山口から下山しました。
最後に協議会の方から、遊歩道脇に設置してあるベンチをもう少し高さのあるものして欲しいという要望がありました。
 現在、遊歩道脇に数カ所設置してあるベンチは丸太を縦に割ったもので、地面から10センチ程浮かせて置いてあります。座面が地面から20センチ足らずと低いので、座ったり立ったりするのに少し辛い体勢になります。今後、徐々に高さのあるベンチに交換していきたいと思います。


  
 突哨山がゴルフ場の開発から守られ公有地となってから、その保全と利用について話し合い、総合的な提言を行うことを目的に突哨山運営協議会が発足されました。協議会は市民、行政、指定管理者で構成され、突哨山を守りながら利用するための基本方針を話し合い、具体策を提言しています。
 私たち、もりねっと北海道は突哨山の指定管理者として協議会の方針の下、遊歩道の整備や環境調査、観察会や体験会の開催、情報発信などをしています。
 今回のような現地検討会は突哨山の現状を確認しながら今後の課題を検討していくため毎年実施されています。

(中村)