2016年9月27日火曜日

続、森の小道づくり

しみずです。

前回紹介した森の幼稚園が所有する森林に、さらに延長して道をつくってきました。


「ジャングルのような道が良い」と言われました(笑)

前回の綺麗すぎたんですかね。
それもそのはず、子どもたち裸足で走るんですよ!?森の中を!!
そりゃぁ綺麗にしますよ、怪我しないようにと。

その後、結構遊歩道を使ってくれたようなので、しっかりと地面が踏み締っていました!
「この道の地図を書きだした子どももいるんです」とのこと!
・・・作って良かった!

また、周りがカラマツで単調な林ですが、この一部だけは、広葉樹が混ざっているので、葉っぱ集めができるように様々な樹木の前を通るようにもしたのです。
15種類くらい樹木だけで葉は集められるはず。




ですが、子どもたちにはぬるかったようなので、ジャングルみたいな道作ってきました。

↓が入り口です。
入り口なのに倒木そのままです。
乗り越えていってください(笑)

そして写真奥が道なのですが、道に見えない。
アーチ状の樹木の下をくぐっていきます。
ほんと、ジャングルですよ!

進んでいくと窪地があり、下はぬかるむ場所。
どうするかと考えていたら、すぐそばにカラマツの倒木が1本。
チェンソーで15mほど挽いて、橋にしました。
15mは長かった!
幅は25cm以上あるので、ここに通う子どもなら大丈夫でしょう。

最初、やりすぎたかなと思いましたが、
見ていただいたら「良いわ!」と評価していただきました。


そして、
いつも役に立つPCウィンチ。
重機が入れない場所にはやはりこいつが大助かり。
林内が綺麗になるのが早い!

まだ、根むくれが戻ったあとの根むくれ広場などの見どころもあるのですが、この辺で。

僕はユンボに乗って道づくりはできないけど、チェンソーと刈り払い機の道づくりなら、お任せください(笑)

あ!!裸足では無理ですよ!!靴履いてくださいね!!

2016年9月12日月曜日

4歳児と一緒に搬出!?

しみずです。


今までポータブルキャプスタンウィンチ(PCウィンチ)の話題をぼちぼちと紹介して・・・きたはずです。
先日、とある森の幼稚園に出向き、子どもたちと一緒にちょっとした作業をしてきました。


以前より、幼稚園が所有する森林の手入れの相談をお受けしていました。
ここでは、森の一部を子どもたちの遊び場として活用しているのですが、それ以外のエリアも活用したい!ということでした。

過去にトドマツやトウヒが植えられた林ですが、風倒などでまばらになり、そのおかげで広葉樹の幼樹が林床を埋め尽くし、多様な環境になっている場所でした。春にはエンレイソウなども咲くようです。

こんな楽しめる空間は、ぜひ子どもたちにも活用してもらうべきです。


そこで行った作業は、風倒木や枯れて倒れてきそうな木の処理と、森に入れるように草刈道を付けました。
まずは、森に入れることが一番ですから。


子どもたちと一緒に作業したのは、林内に倒れている風倒木の搬出をしました。
草刈するにも邪魔ですので先に取っ払いました。

「PCW-5000」を使って、倒木を引っ張りだします。
20mほどの搬出距離、あっという間です。
子どもたちにもロープをもってもらい、一緒に搬出しました。
ロープを引っ張るだけの作業なので安全です。
※実際の作業は大人一人の力で十分ですが、
体験のために参加してもらいました。

搬出後、機械を使わないとどれだけ重たいのか、人力でも引っ張ってもらいました。

その後、草刈道をつけて、完成です。
出来るだけ多様な樹木、植生が見られるような場所に周回ルートをつけました。
主に、子どもたちが冒険感覚で入れるように、道幅は若干狭めで「樹々のトンネル」を
潜り抜けるようなイメージでつけました。

行き止まりの場所もつくりました。
風倒木の根っこの迫力や、晴れた日はいい青空が見られる場所。
腰掛も設置したので、ゆっくりできます。


・・・これから、どんどん利用してみてください。
次に何がやりたいかアイデアがでてくるはずです。
その時はまたご相談ください。

大人が子どものために、、、森づくり。



★おまけ★
チゴハヤブサ<「コウモリ、うんまぁい!」
旭川のとある学校にて。

2016年7月26日火曜日

突哨山 セミセミセミセミ

しみずです。

今日は、江丹別で丸太ボイラー用の薪を作ってきました。炎天下で干からびるところでした。
今日だけで、袋詰め出来たのが9立方。100立方つくる目標です。まだまだ。


さて、子どもたちは夏休み。
夏休み中、一回くらい、突哨山に足を運んでみてくだし!


あ、セミ・・・!

こっちにもセミ!

・・・またセミ。

・・・セミ。


セミいっぱい!!!セミって羽化するの夜じゃなかったっけ!?
今回は、昼過ぎに撮った写真ばかり。
昼間に無防備な状態さらして野鳥に食べられないかしら。

突哨山には、エゾゼミ、アカエゾゼミ、コエゾゼミ、※一部ニイニイゼミがいます。
ちなみに、見つけたセミは全部エゾゼミでした。
※さなぎから出たばかりはわかりませんが、きっとエゾゼミがほとんどでしょう。

抜け殻もあちこちにありますよ!


いま、コウモリ調査してて、すごい現場を発見しました。
次回はおまけで、すごい写真のっけます(笑)
では。

2016年7月12日火曜日

突哨山のイベントお知らせと、間伐報告

しみずです。

突哨山に関するイベントのお知らせです。
問い合わせ、申し込みはいずれも下記へ。

①突哨山コウモリ観察会 (主催オサラッペ・コウモリ研究所)

 日   時:716日(土)18:0021:00予定 ★要 申し込み
        小雨決行、雨天は翌日延期
集合場所:突哨山 カタクリ広場(東鷹栖320号付近、旭川刑務所正門前を進む)
 内    容:カスミ網による捕獲観察、コウモリの飛翔、鳴き声など生態解説
  ※現場まで片道1kmほど歩きます
 参 加 費:大人・子ども一人 500 円(保険料、研究費にあてます)
 定     員:小学生以上で先着 20 名(小学生3年生以下は親同伴)
 持 ち 物:長袖長ズボン、軽登山靴か長靴、懐中電灯、虫よけ (蚊が多い)
        軽いお弁当(森の中で食べます)、飲み物、敷物。


②民有林開放企画第二弾、里山づくり体験in東鷹栖 (主催かみかわ里山ネット)

 日     時 : 2016 年7月24日(日)
          午前 9 時 30 分~正午まで。★7月22日までに要 申し込み★
         昼食希望の方は、正午以降もまったりできます。        
         雨天中止 小雨決行 
 集 合 場 所 : 突哨山 カタクリ広場 。
 参 加  費 : 一人100 円(保険代) 
 内     容 : 広場整備の為の細い樹木(太さ10cm以下、高さ10m以下)の伐採作業、
        その後の木材は、コースターづくりや、焚きつけ作りなどで持ち帰れます。
            希望される方は、お弁当を持参し、森で食べることができます。 
 持  ち  物 : 汚れてもいい服装(ハチ対策で白っぽい服装が好ましい)、
           軍手等の作業用手 袋、軽登山靴、帽子、水、虫よけ対策。 
             ※1、昼食希望の方はお弁当持参。 
             ※2、手ノコ、ヘルメットはこちらで用意します。 
 備     考 : 小学生から体験可能の易しい内容です。親子参加歓迎。
          自前のノコがあれば持参していただいて構いません。 
 募集人数 :10名程度。


常磐公園ヤマコウモリ観察会
  日時:730日(土)18:3020:00予定 小雨決行、雨天は翌日延期
  集合場所:常磐公園記念碑前(7条緑道のつきあたり公園正門、永山武四郎之像から入る)
  内容:公園内の大木の洞から飛び出るヤマコウモリの飛翔、鳴き声の観察
  参加費:大人・子ども一人 500
(保険料、研究費にあてます)
  定  員:なし。申し込みの必要は無く、当日直接お越しください。
  持ち物:長袖長ズボン、懐中電灯、虫よけ  

★上記全ての問い合わせ/申し込みは、090@9755@0432 の清水まで。


★★突哨山間伐してます★★
 ガイドマップの8,9番にあるトドマツやトウヒを間伐しています。
 ここのトドマツは、自然に競争で負けた個体が多く枯死しているので、林床に光が届く環境が少し前まであったようで、トドマツの密度が高い割りには、広葉樹が多数はえていました。
 
 ここでの間伐の目的は、「混交林へと誘導」です。
 トドマツの間に、様々な広葉樹がまざって生える、多様性を重視した森づくりをしていきます
      
               間伐前の樹冠             間伐後

間伐前

 間伐後

  この場所は、ツルアジサイが多く生え、トドマツの幹を這うように登っていきます。
 そのツルが中層の光を奪いとってしまうので、切断してきましたが、やっかいなのが樹冠のほうで、隣接する木へツルを伸ばし、絡み合っているのです。
 ツルの強度があるので、絡まった木はチェンソーで切り込みを入れても倒れてくれません。
 重機が入れないので、人力でなんとかしてきましたが、大変でした。

 結局、5本が樹冠で絡まりあってました。ほんと、ツルは、やっかいです。
 いままで、突哨山ではツル処理をしていなかったので、それが仇になりました。
 人工林のツル除去は大切です。。。 

2016年7月2日土曜日

ちょっとした報告。そして明日のお知らせ

しみずです。

イベント情報は最後に載せます。
数日以内にコドモリwebにチラシが乗るので、そちらをご覧ください。

ちょっとした報告です。

●先週の土日に、旭川市科学館サイパルで、「みどりの回廊展」が開催されました。主催は、旭川市内の一部の環境団体の連合体である「あさひかわ自然共生ネットワーク」
もりねっとは毎年、科学館の室内で、「丸太玉切りコースター」を体験ブースとして設けています。

都市部で暮らす人たち、特に子どもたちにとっては、丸太に触ることが初めてな子や、ノコギリを使うことが初めての子が多くいます。
木にさわる体験や、ノコギリを使うことでの体の動かし方などをしり、「木って/木を切るって〇〇だなぁ」とそれぞれ子どもたちの感性をゆさぶる体験をすることは有意義だと思って毎年協力しています。

体験する子どもたちには話をしたけど、
東鷹栖の森から、手入れをしたときに出てきたサクラやシラカンバの材を利用しました。
写真はサクラを切っているところ。
細い木が数多く生えていることで、お互い枝を伸ばすのに窮屈です。
この森では、大きな木を育てたいので、択伐をしました。

そうして切られた木が、街まで運ばれて、皆さんのコースターになって家で使われています。
この森から木材として運ばれたサクラやシラカバのコースターは超プレミア品です(笑)
体験したみなさんしか、持っていないのだから、大切にしてくださいね。
※乾燥してくるとひび割れが発生しますが、ご了承ください。
新聞紙にくるんで玄関などの比較的風が通る場所に置くなどをして時間をかけてゆっくり乾燥させると、それほど目立ったひび割れはおきないと思います。


●さて、それともう一点は、明日、旭川市民活動交流センターcocodeにて、主催:北海道木質ペレット推進協議会&共催:煙筒の横山 の木質ペレットストーブ展示会が11時から16時まで開催されています。※実は今日も。
もりねっとも後援として参加しており、森の活用相談ブースなどを設けています。

薪ストーブ&ペレットストーブ(最新式)のまでcocodeで展示され、贅沢にも煙筒の横山さんのスタッフが全員(?)きております。もう、ここにくれば、薪・ペレットストーブでわからないことはない!状態です。気になっている方は、ぜひお越しいただいて、じっくりと質問をされてみてはどうでしょうか。

野外と室内ブースがあり、野外には野外ならではの面白いもの(例えば↓の道具)が見れたり、ペレットストーブの熱をお風呂にした足湯などがあります。


それと14時からは、最近名前を聞く人も市内の方では増えてきたのではないでしょうか。
「家族洗隊 福レンジャー」のショーが見れます!!!!
一家で戦隊もののショーをしているのです。
ピンクレンジャーはなんと4歳!!!どっひゃぁ!!
この福レンジャー、すごいところが、戦いながら「ペレットストーブや木質バイオマスの魅力を伝えてくれる」のです。
そう、決められたセリフやシナリオじゃなくて、その都度企画にそったストーリーを作ってくれるようです。斬新すぎる!

↓の写真は・・・・
ネタばれ文章は、ドラッグしてみてください。
怪物「CO2」と激闘を繰り広げるも、福レンジャーが敗北し、助けに来たのがなんと「主催&共催でもある協議会の方と煙筒の横山さん」、専門家にしか倒せない敵でした
笑いあり、学びあり、そして最後は家族にほっこりする、、、絶対これから活躍の場がふえてくることでしょう。※ちなみに石狩川フェスの水祭りにも参戦する模様。絶対見に行きます!
もりねっとでも、お呼びしたいなぁ・・・。



★近日中にコドモリwebに乗ると思われますので、簡単に紹介
 ①突哨山コウモリ観察会 日時:7月16日(土)18:00- オサラッペ・コウモリ研究所
 ②常磐公園コウモリ観察会 日時:7月30日(土)18:30- オサラッペ・コウモリ研究所
 ③里山づくり体験 日時:7月24日9:30- かみかわ里山ネット
いずれも問い合わせは私、清水まで。

2016年6月24日金曜日

突哨山、来月から間伐予定

しみずです。

デスクと現場と交互の日々で仕事が間に合わない状態です。汗

★明日と明後日は、「みどりの回廊展(主催、あさひかわ自然共生ネットワーク)」が開催されます。
10時から17時まで。サイパル(旭川市科学館)で行われます。
旭川市の自然を相手する様々な団体の活動紹介がメインで、子ども向けの体験も少しですがあります。もりねっとは、玉切りコースターづくりを行います。サクラとシラカンバとカシワを用意しましたよ。

★夜は神楽岡公園でコウモリ観察会です。雨予報なので中止かな。。。
数週間前から8時半頃になると、自宅の末広の夜空をキィキィ言いながら飛んでいます。
僕以外誰も聞こえないんだけど、絶対飛んでます。

 話は逸れますが、東京に行ったときに、店の前に若者をたむろさせないため(?)に店の前で超音波を流していた場所がありました。あれは20khz以下だな。ヤマコウモリやヒナコウモリよりやや強い超音波だったため、ガンガン聞こえてうるさかった。
しかし、あの音声ほしいなぁ、観察会で絶対つかえるし、場合によってはコウモリをおびき寄せるんじゃないかな(笑)。

 

★★さて、突哨山の人工林間伐です。来月から行いたいと思っております。
昨年度は、風倒木が大量に発生し、費用がそちらにとられたため間伐ができませんでした。
突哨山の人工林、どこも過密で単調な植生で見ててひどいです。研修で行った東京のスギ、ヒノキを見てからさらにひどく思えてきました。

ただ、植えられて40年~経っているので自然に競争に負けた樹々が枯死していたりするので、場所によっては、「あれ一回間引かれたかな」と思うほど、本数が少ないところがあったりします。そんなところは、意外に広葉樹たちの幼樹がわんさか生えていたりして、自然の推移が垣間見えます。


今回は、ガイドマップ8番と9番の間にあるトドマツ、カラマツ、トウヒを行います。
写真はヨーロッパトウヒの様子。
特に風倒による倒木や先折れで本数が減少しています。

樹冠の様子
過密だけど、トドマツに比べると淘汰された分に隙間ができて、作業がしやすいと思います。


入山規制は行わず、「間伐作業中」の告知を現場付近に出して作業しています。
この場所を歩く際には、こちらも十分気を付けていますが、歩かれる方も一応気を付けて歩いてくださいね。
遊歩道に近い部分は、安全のため早めに伐倒だけしちゃう予定です。

2016年6月14日火曜日

戻ってきました。 おまけ―突哨山のカタクリたち―

しみずです。

東京、千葉、相模湖に行ってきました。
やま・もり再生ネットのみなさま、そして研修を受け入れてくださいました「豊富どんぐりの森」の皆さま、「緑のダム北相模」の皆さま、貴重なお話、そして体験をさせていただきまして、本当にありがとうございます。
自分自身、東京の木をじっくり見ながら歩いたのは初めてで、都市の街路樹、スギ、ヒノキ林、公園の樹木・・・樹齢50、60年でここまで大きくなる樹木たちに触れることができて感動しました。
そしてなにより、都会での里山活動の重要性にも気付くことができました。


道外にほとんどでたことがない「田舎っぺ」でした。もっと日本の、世界の森林、そこで活動する人たちと出会ってみたくなりました。
また、ゆっくりまとめてからこれらの報告はしたいと思います。
とりあえず、今回は田舎っぺがびっくりした所の写真だけ乗せて終わります。

皇居内で特に印象的だった場所をパノラマ撮影
この色合い・・・景色・・・

豊富どんぐりの森さんの活動フィールド
主に広葉樹。イヌシデの50年生で太いが目立つ。
気温が高く生長が早いので現地にとっては普通らしいのですが、
突哨山のシラカンバ(70年生)たちよりも大きく、2倍近く太いものもあった。

緑のダム北相模さんの活動フィールド。
主にヒノキ、スギ林。

こちらも5,60年生のヒノキがでかいのなんの。
これは特に林縁部のヒノキですが、林内もこれに似た立派なヒノキたちでした。





★おまけ★
もりねっとのトップページに長く(1カ月以上)居座っていた「カタクリ速報」。最後の更新をします。
もう開花はとっくにおわり、速報ではないのですが、今年はカタクリの生態を最初から最後まで紹介しようと思っていました。

6月最後の更新は、子房が膨らみ、種子をつくったカタクリたちです。
どの遊歩道上でも見ることができます。
是非、現地を歩いてみて、ご覧ください。

●カタクリ速報のページはこちら⇒http://mori-net2.blogspot.jp/